2016年12月21日水曜日

ターミネーター:新起動?【懐かし映画/ドラマの今さらレビュー】

まだ日本公開から一年経ってないのであまり書きませんが、ターミネーター:新起動/ジェニシスを観ました。

ご存知、『ターミネーター』といえばこんな話。
近未来、自我に目覚めたシステム:スカイネットと人類抵抗軍の間で戦争勃発。人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーを事前に抹殺せしめんと、スカイネットが過去に送り込んだ人間型マシン:ターミネーターと騒動を巻き起こす物語。

1984年には母親サラ・コナーを、1994年には幼少のジョン・コナーを抹殺するためやってきました。ジョン・コナーの父親は、1984年の騒動の際に母親サラ・コナーを守るため未来からきた戦士カイル・リース。
未来では、父親カイル・リースは息子ジョン・コナーの信頼する部下であり、父親の方が年下というよくわからん構図になってるってのが物語の中での常識。

アーノルド・シュワルツェネッガー市長がターミネーター役で出世した映画です。

ジョン・コナーとジョン・マクレーン、アーノルド・シュワルツェネッガーとブルース・ウィリス

ターミネーター:新起動/ジェニシス』では、ジョン・コナーの父親であるカイル・リースが登場します。

あるシーンの中でカイル・リースがジョン!!!と叫びます。

なにか気になります。聞いたことがあるようなないような…。でも、この映画見たことないはずだしな…。なんだろうこのデジャブ感…。

悩みました。見たことないはずだし…。ついにオレも…ボケが……。

新品価格
¥772から
(2017/10/7 20:55時点)

新品価格
¥1,011から
(2017/10/7 20:54時点)

しばらくしてやっと腑に落ちない感の原因が分かりました。

カイル・リース役の俳優ジェイ・コートニーは、ダイ・ハード/ラスト・デイの中でジャック・マクレーン役を演じていました。

そうです。

俳優ブルース・ウィリスのハマリ役ジョン・マクレーン刑事の息子役です。俳優ジェイ・コートニーは『ダイ・ハード/ラスト・デイ』の中でもジョン!!!と叫んでたのです。

コレだ

カイル・リース役の俳優ジェイ・コートニーは、
尊敬するリーダー兼息子ジョン・コナーに向かってジョン!!!

ジャック・マクレーン役の俳優ジェイ・コートニーは、
軽蔑するダメ親父ジョン・マクレーンに向かってジョン!!!

ちょっと鼻にかかったあの声は一緒。でも髪形は違う。逆の動作なのか同一の動作なのか…。

おぃ、フォックスとパラマウント。どっちも超大作なんだから、もうちょっと配役考えてくれよな。結構悩んじゃったじゃないか。


エクスペンダブルズ』ってまた別の映画で、
シュワルツェネッガーが、
アイル・ビー・バック。
ブルース・ウィリスが、
イピカイエ!
とターミネーターとジョン・マクレーンの決めセリフをそれぞれが並んで言ってるから、それも混乱した原因なんだよな。


【関連記事】
『ダイ・ハード』の感想文を公開から28年後に書いてみる
人気!本命レビューは『ランボー 怒りの脱出』
マッドマックス 怒りのデス・ロード観た
今日はサラ・コナー・クロニクルズ


スポンサーリンク



↓ Ctrlキーを押しながら ↓

ブログ村へ blogramのブログランキング

ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」 コンテンツ
ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」最キラー記事 IT関連
映画・ドラマ・芸能
ブログ運営
アホの雑記
ホームへ戻る

スポンサーリンク





0 件のコメント:

コメントを投稿