2017年4月19日水曜日

【反省・後悔・懺悔】若かりし日の行いに関する告白その二

ふざけたポク太郎がマジメに考えます。今回は若かりし日にとった行動をマジメに思い出し、再度ブログにて告白いたします。

ポク太郎です。
高校生のとき、ひたむきに職務を全うする職業人を罵倒したことがあります。
このブログで告白します。


オーシャンブルー、“めんそーれ”の沖縄への修学旅行

高校の修学旅行で、沖縄へ参りました。春先の旅行でしたが、沖縄ではそろそろ夏に突入するか?という最もいい季節。沖縄といえば、“まばゆいばかりの日差し”、“南国特有のオーシャンブルー”、“陽気な方がめんそーれ”。皆が憧れるパラダイスです。

でも、ポク太郎は明るいのダメなんです。このブログを読んだことのある方なら分かると思います。陰気くさーいんです。内向的、一つに没頭、興味を示すものは無機質な機械、趣味はグーグルボット混乱作戦。

そんなポク太郎ですから夏が大嫌い。空調の効いている観光バスの中から外を見ただけで気温を感じてしまう沖縄の夏。

そんなとこ行きたくなかった」「北海道の方がよかった」などと言うつもりは全くありません。他の方が喜んでいるならそれでいいんです。ポク太郎はバスの中にずっと居ます。それでいいんです。“みんなそれぞれ好きなようにする”それでいいんです。不満は全くありません。自分は自分、人は人。そこは徹底しています。

若かりしクソガキ少年時代の日々

ポク太郎の少年時代といえば、もちろん精神的に問題のある子供。大ヒット海外ドラマ「フレンズ」を観たことある方はチャンドラーを想像してみると分かると思います。おかしな子供ですので世の中に対して顔を見せるのを嫌がります。前髪を鼻の下まで伸ばし、ずっと一点を見つめています。基本動きません。大人が何かをさせようとしても興味を示しません。そんなクソガキです。

観光バスの乗務員、バスの運転手の人柄、すごい方言(沖縄弁)

みんな喜び勇んで外へ出かけているのに、ずっとバスの中で一人、一点を見つめる様子を見て心配したのか、バスの運転手さんが話しかけてきます。

「&!な$=…~ま$%&#%コ*。」
「…~ろ#%+!。」
「¥**+わ…サG?げ#…。」

関東や関西の方は実感ないかもしれませんが、日本は南北に長いので方言がすごくきついんです。沖縄に限らず東北、甲信越、瀬戸内、山陰、四国、九州とまず日常会話は通じません。15分くらい聞いていると文節の区切りを聞き取れるようになり、「あ、日本語だ。」となりますが、聞いたすぐにはわからないもんです。

多分、心配でもしてんだろうなと思い、「大丈夫ですよ、好きでやってんですよ。」という意味で「フン、フン…w」愛想笑いをしていました。少し小太りでやさしそうな顔立ちの運転手さんでした。 ウガンダトラさんをもっと薄めた感じで人当たりのよい方です。

そういう方が一生懸命何か伝えようとしているのでしばらく愛想笑いを続けていました。


バスガイドの通訳“眉毛濃いね”

その様子を見ていたバスガイドさんが、

「言葉分かんない?」

「うん。」

「“眉毛濃いね。”って。」



「…ぬうぅぅうっぅぅぁぁあぁあぁぁぁあああああああああ!!!」
「ぅオーンドレ、さっきから長々とソレ言うとったんかい!!!」
「言葉も通じん相手にわざわざ言わなアカンことかコルァァー!!」


ポク太郎です。
高校生のとき、ひたむきに職務を全うする職業人を罵倒したことがあります。
このブログで告白します。

ガヤガヤとうるさいクソガキ共に対して苦言を呈す鬱陶しい大人ではありません。
ひたすら黙って己の職務を全うする立派な男性でした。

しかしながら謝罪する気はございません。


【関連記事】若かりし日の行いに関する告白
若かりし日の行いに関する告白その三
若かりし日の行いに関する告白その四


スポンサーリンク



↓ Ctrlキーを押しながら ↓

ブログ村へ blogramのブログランキング

ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」 コンテンツ
ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」最キラー記事 IT関連
映画・ドラマ・芸能
ブログ運営
アホの雑記
ホームへ戻る

スポンサーリンク





0 件のコメント:

コメントを投稿