2017年3月23日木曜日

【2017年3月の話】Googleアドセンス通った【無料ブログ、非独自ドメイン】

無料ブログサービスでGoogleアドセンスを開始するための情報をまとめました。

※5ヶ月経過しましたので、タイトルから「最新」と言う文言を削除いたしました。

ポク太郎でございます。

晴れてBloggerでGoogleアドセンスを開始することができました。アドセンス開始までに必要な情報を自分なりにまとめました。文字ばっかりでごちゃごちゃしていますがご勘弁下さい。


この記事は、以下が当てはまる方向けの記事です。
○ 現在、無料ブログではAdSenseに申請できなくなりあきらめている方。
○ WordPress+レンタルサーバで始めるのに踏ん切りがつかない方。
○ Googleが運営するBloggerなら可能と聞いたが、操作が分からない方。


記事内の目次です。
   ・無料ブログでアドセンスを始められる?
   ・独自ドメインから申請するのと違う?
   ・Googleアドセンスの目的
   ・Bloggerでアドセンス申請


無料ブログでアドセンスを始められる?

2017年3月時点の情報ですが、できます
Googleの運営するBloggerだけですが。

アドセンス申請に必要なのはドメイン。2016年あたりからこの申請ドメインに“.(ピリオド)”が二つ入っているもの(サブドメイン)は申請できないルールに変更になったそうです。

“.”が二つのドメインというのは、例えばこういうもの。
http://pokutaro.seesaa.net/
無料ブログサービスはほとんどこの形式なので、=無料ブログサービスはNGと認識されるようになりました。

では、無料サービスを利用している限り無理なの?というと、以下だけは開始できます。Googleの運営する以下の無料サービスです。
Blogger
YouTube



独自ドメインから申請するのと違う?

違います。
アドセンスアカウントの種類が異なります。
アドセンスアカウントの種類
ホスト型
アカウント
Blogger、YouTubeで申請・審査したアカウント
ホストパートナーサイトだけでしか広告が配信されない。
“ホストパートナーサイト”とは、Googleの運営するBlogger、YouTubeのこと。
非ホスト型
アカウント
独自ドメインで申請・審査したアカウント
すべてのサイトで広告を配信可能。
※ホスト型か非ホスト型かは、Googleアドセンスの管理画面上の表示で判別できます。“Hosted account”と表示されていればホスト型、そうでなければ非ホスト型。

ホスト型の方が制限がある分だけグレードの低いアカウントということになります。ですが、後から非ホスト型へアップグレードできます。

つまり、アドセンスの始め方は以下のパターンを選択可能ということになります。
1. 初っ端から非ホスト型(独自ドメイン)の審査
   または、
2. 無料ブログ(Blogger)で審査。運用を試してから、改めて、非ホスト型(独自ドメイン)の審査
   または、
3. 無料ブログ(Blogger)で審査。以降ずっとホスト型で我慢

1、2が非ホスト型を取得する場合、3がホスト型で我慢する場合。

非ホスト型の取得を考えた場合、一つ余計にブログを立ち上げないといけない不利はありますが、2番目を選んでもペナルティがある訳ではありません。(Bloggerだとできないと言われている記事中に広告を表示する方法も存在します。うちは読み込み速度の問題で止めましたが。)

ですので、試しにやってみても全く問題ありません。




Googleアドセンスの目的

アドセンスを始めるにあたり、まず最初にしっかりと認識しておかないといけないことがあります。Googleアドセンスというビジネスモデルの目的です。

このビジネスは以下の四者によって成立します。この四者すべてに利益が出ることが目的です。イラっとくるビジネス用語で表現するとウィンウィンウィンウィンッ!です。
○ 広告主    …広告による顧客の獲得
○ Google    …広告主とサイト運営者を結び手数料獲得
○ サイト運営者 …広告主からの広告費を獲得
○ 閲覧者    …欲しい商品、情報を獲得

また、訪問者の趣向に基づいた広告配信がGoogleアドセンス。理由は、闇雲に閲覧人数を増やすのではなく、顧客になる可能性が高い訪問者を広告主のサイトへ誘導するため。

上記が目的ですので、サイト運営者は以下の義務を負います。
・ 公序良俗に反しない良質なコンテンツの配信。
・ 閲覧者が興味をもった場合のみ、広告主のサイトへ移動するよう配慮。
・ 閲覧者が見づらい、操作しづらいことがないサイトのデザイン設計。

世のブログでこうするべき等解説してありますが、Googleの指針はあくまで↓これ。


ルールの網目をかいくぐって利益を得ようとするサイト運営者は、当然排除されます。Googleの運営しているビジネスですのでルールを変えることも可能。これはGoogleの特権。サイト運営者ははっきりした線引きを求めるでしょうが、Googleがダメと言ってしまえばダメです。

Googleはこのビジネスモデルの成功のために色んなタイプのコンテンツ配信者を味方に付けたい訳です。世の中に向け、ためになる・笑える有益な情報を発信し、責任を持って運営され、それなりの賛同が得られるものであれば、いきなりアカウント停止の処置を受けることはありません。

明らかにGoogleが味方に付けたくないと判断する内容のサイト運営者、何度言っても改善しないサイト運営者でなければ問題ないと考えます。

この動画はGoogleがAdSenseプログラムポリシーを解説している動画です。これを見て頂くとその辺のモヤモヤした部分が解消されるのではないでしょうか。


上記を前提として、ちょっと見落とすかな?と思う点について列挙します。
AdSenseプログラムポリシーの「Google広告のCookie」の項目
Googleは効果的な広告を選択配信するため、閲覧者のデバイス内にCookieを保存して情報を集めます。サイト運営者は「広告表示のためにGoogleがあなたの情報を集めて使用していますよ」ということをサイト内に明示する義務があります。

このサイトでは上部メニュー「免責事項」 の「○広告についての項」に書いてあります。

AdSense以外の広告(例えば忍者Admaxやi-mobleなど)を同時に掲載する場合、その広告はサイト運営者が配信したものとしてみなされる。
Googleが判断するのはサイトの完成形。ですので、広告も含めてポリシーに準拠していないといけません。

特に危ないのはゲームの広告で、日本人の感覚では問題なしでも児童ポルノの観点から公序良俗に反する画像や文言と判断されてしまいます。児童ポルノに関しては世界的に非常に厳しいので、ゲームの広告を配信する別サービスを併用するのは避けた方が無難と思います。これはギャンブルに関しても同じです。

難しいのは、タバコや特定の医療関連分野ですが、これは上でリンクした動画を参考にしてください。良質なコンテンツであったとしてもGoogleがごめんなさいしている分野です。

PC・スマホ・タブレットなど公開している端末すべてを配慮したサイト設計が必須
Webページはパソコンでもスマホでも閲覧可能です。公開している以上は、そのページを見ることができる全端末で誤操作、誤クリックがないように配慮してある必要があります。

まとめます。
Googleは、AdSenseプログラムポリシーを熟読した上、責任あるサイト運営を行えない方は味方に付けようとはしない。が、悪質ではなく一般常識の通用するサイト運営者であればいきなり排除することはない。
です。まぁ、当たり前のことです。(そうでないとまずGoogleがこのビジネスを始められないと思います。)



Bloggerでアドセンス申請

Bloggerでアドセンスを申請する場合は、非ホスト型の手順とは異なります。また、たくさんの不具合点が存在します。

それらの点を説明する部分を以下の記事に分離いたしました。↓こちらへどうぞ。




今現在、このブログには何だかびみょーな広告が表示されておりますが、評判がいいのは確かなので、Googleアドセンス始めてみてはいかがでしょうか。

【ポク太郎からのお願い】
 興味のない広告はクリックしないでね。


【関連記事】
[アナリティクス]自分や関係者を除外して正確なアクセス解析を
[アナリティクス]プレビュー除外で正確なアクセス解析を[Blogger版]
人気!Googleアナリティクスを使う際に最初に覚えたいこと
人気!【PIN確認】Googleアドセンスの支払い有効化手続き


スポンサーリンク



↓ ランキングに参加しています!(Ctrlキーを押しながら) ↓

blogramのブログランキング

ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」 
目次
ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」最キラー記事 IT関連
電気回路やプログラムの記事。元々のメインコンテンツ。
UWSC奮闘記
プログラミングのできる子に
デジタルの世界って
映画・ドラマ・芸能
ハリウッドが主のエンターテイメントの記事。最近は似顔絵多し。
戦士の息抜き
落書き漫画
数コマ漫画とアホ漫画。結局最大コンテンツに。
物思いに耽る
今日の数学
アホの雑記
取りとめもなく好き勝手に書く記事。不本意にも一番人気だったり。
役に立つかも
休むに似たり
好き勝手に書く
ブログ運営
AnalyticsやSerchConsolなどの使い方、アクセスアップに関する話題。
アドセンス関連
他のGoogleツール
その他
アホのもくろみ

免責事項 ホームへ戻る

スポンサーリンク





2 件のコメント :

  1. ポク太郎さんお疲れ様でした。
    またサブドメインでアドセンス申請しようかなと思っていたんですがサブドメインではアカウント取れなくなってたんですね(((^^;)

    勉強になりました(^-^)v
    今のブログでは合格は難しそうなんで新たに立ち上げようか考え中です(^-^)v

    返信削除
  2. asbutyouさん
    そうなんですよ>サブドメイン
    ルールを変えるのはいいのですが、周知しないので混乱が続くんですよね。
    注意書きがまずないですし。その場になって「できねぇジャン!?」ってことに。

    あれ?asbutyouさんのページへ飛べなくなってるwあ-いうブログ好きですけどね。
    またルール変えられる前に取っておくのをオススメしますよ。

    返信削除