2017年5月12日金曜日

【タイトル詐欺してしまったみたい】プログラミングの苦手な初心者は騙されたと思って読んでみてくれ

プログラミングが苦手と感じている初心者に向けて自分ができるようになったときの話を書いてみました。

プログラミングが苦手と感じている初心者の方で、自分と同じポイントで悩む方向けに、組めるようになったときの話を書きました。

話の内容

○俺がプログラムを組めなかった理由
ポク太郎です。

謝罪です。
未熟極まりない記事を書いてしまい、炎上してしまいました。
せっかく来て頂いたたくさんの方にご迷惑をおかけしてしまいました。

また、“これを読めばプログラムが組めるようになるのでは?”と誤解を与えてしまうような紛らわしいタイトルでした。
申し訳ございません。

まだまだ未熟な文章であることは否めませんが、記事を書き直し再度アップいたしました。


前置き

この記事を読んでも、
プログラムが組めるようになるわけではありません。

ここで言う“プログラミング”とは、
プログラムの基礎的な論理(ループや条件分岐を使って組み立てる部分的なもの)を言っています。ホントの初歩です。
デスクトップアプリケーション(特にGUI)をいきなり作るとかではないし、Web系プログラミング、ハードウェア記述言語で何かする話でもありません。

また、古い古い話を持ち出しますので、学生さんにはさすがに伝わらないと思います。

部分的なもん位分かってる、昔話なんかどうでもいいという学生さんは「ご訪問頂きありがとうございました。」→こちら(Google)へ。

組めない状態は何かしらの思い違い、引っ掛かりがあって、それを取り除いていけば組めるようになると思っています。当然、ポク太郎も組めない状態で悩んでいましたが、あるときその引っ掛かりが取れ、「そういうことか。」とできるようになりました。
相当昔の話ですが、強烈な印象があるのでハッキリ記憶に残っています。

そこで、ポク太郎の引っ掛かりはなんだったのかをこの記事に書いています

引っ掛かりは人それぞれ違いますので、参考にならないかもしれません。その場合は、せっかく来て頂いたのですが、別の方の経験を…。組めるようになればいいのですから誰の経験を参考にしたっていいんです。



大前提

こちらで八回に分けて解説しているのですが、しつこく書いてることがあります。(見る必要ありません。)
「プログラム中には無駄なことが一切書いてないので、目を皿のようにして1ステップづつ追いかける必要がある。」
これです。↑

斜め読みする、意味を拡大して捉えるのはプログラミング関連では厳禁です。数学や理科でも同じことが言えると思いますが、「A=0なら、Aは0。それ以外のことは言ってない。」と認識する必要があります。これはプログラミング関連の説明文に関しても同じです。

文科系の方は想定してなかったのですが、一般的に心理学などで良しとされることがここでは望まれないことになってしまいます。

ここで問題が。
私の文章ですので、一言一句信じて大丈夫か?というと…。
時間の無駄と判断された場合は、「ご訪問頂きありがとうございました。」→こちら(Google)へ。



初めてプログラムを組めるようになったキッカケ

黎明期(より若干後)なので古い古い枯れ果てた時代の話です。
中古価格
¥400から
(2017/4/26 20:03時点)
この本は1982年(昭和57年9月5日に初版発行)に発売されたものです。

“パソコンを使いこなす本”という表題ですが、当時は、“パソコンを使いこなす”=“BASIC言語でプログラムを作る”。ということでした。(副題が“だれにもわかるベーシックマスター法”となってますね。)

使い方を実際にやって見せてくれる本なのですが、実行した結果は何じゃそりゃ?と思うつまらない内容。結果がしょうもないのでどちらかと言うと興味を引かない本です。例えば、数字を表示したり、1~10までただ数えたりといったそんなこと興味ねえよと言うような例がピュー太君、マイコさん、ヨコヤリ博士の会話形式で並んでいます。
’’引用:桐杏マイコン教室 パソコンを使いこなす本 P74
どうしてもその結果どうなる?が気になってしまうものですが、この本で出てくる例では結果がすごくチープです。

チープな上にしかもBASICなんて…などと偉そうなことを抜かして当時は読んでみようとも思いませんでした。やっぱり選んでいたのは、結果が映えるグラフィックやゲームを題材にした教本が主でした。また意味も分からずリファレンスマニュアル(いわば言語の辞典)をずっと眺めていたり。ですが、いくらがんばってもできません。どうしていいか分からない状態のままです。


あーそういうことか

数年経った後(ほぼあきらめている状態)、このチープな本を何の気なしにやってみようとパソコンに打ち込みながら読み進めました。そうするうちに受け入れるようになったことがあります。
こんなチープのタメにこんなたくさんの命令
キーボード操作もおぼつかない状態なのでよりたくさんに感じますし。

コンピュータはまっさらな赤ん坊。つまり、コンピュータにまともな仕事をさせるには膨大な命令をしてあげないといけません。C言語ならもっと高級だから簡単になるの?←一切変わりません。

ここで気付いたことが。
●コンピュータの処理の順番は先頭から下へ順にと決まっている。それを変えるための命令が数種存在する。
これが決まりごとでないと人間が指令できないことに気付く。大前提として無意識に行動できるようにしておかないといけない。開始点が見えなかったときに「開始はどこなの?」と質問する状態。
●すべての命令を間違いなく実行する機械なので、すべての行、式に意味がある。
目を皿のようにして1ステップづつ追いかける必要がある。これが非常に重要なので、現在の開発環境では“ステップ実行”という機能が開発環境に大抵搭載されています。
●「プログラムを組む」=「命令を目的の順番に並べる」
⇒これは 「発明」なので簡単には思いつかないはず。「こんなときはこうする」と覚えていくしかない。

できる人にしてみれば、「お前そんなことも分かってなかったのか。」というようなことですが、頭では分かってるつもりが、プログラムを見たときにその行動ができてませんでした。←無意識に行動できるまで吸収していない。つまり、自覚なしで基本をおろそかにしてただけ。

自分の経験から話を始めてるので、伝わらない場合のために別の表現で。

コンピュータの動きには決まりがあって、その決まりに従って動く。
だから、1.コンピュータと同じ動きを人間が1ステップづつ確かめて行くと結果がどうなるか分かる。
“プログラムを組む”のはその逆で、2.仕掛けを作ってあげないといけないのでこれは“発明”。そう簡単にはできないので、前例をいくつもこなし覚えるしかない。

とりあえず組めるようになったら、
2.仕掛けを作ってみて、1.を繰り返して完成させていくのですが(デバッグ作業)、決まりを当たり前のこととして習得できてないとこの作業が見えてこない。

これらのことは、チープで全く興味ない結果にも関わらず、たくさんの命令を必要としたものを繰り返し教本に続いて作業していった(=単機能のブロックを順番に一つづつ追いかけていった)から気付いたんだと思います。

ポク太郎の引っ掛かりは、
チープを嫌い、できもしないことに挑戦し続けた。
基本を分かってるつもりが、行動にまで移せてなかった。

結局、「大したことはできないんだ。」と受け入れることで前に進みました。 
何の気なしにやることで単機能の数をこなしたのもポイントかもしれません。
(全く興味ないものを一つづつじっくり順番に追いかける動作が身に付いた。)


気付いたことを強調して書いた記事

人によって引っ掛かりは違います。
そんなとこで引っ掛かってないよという場合は、「ご訪問頂きありがとうございました。」→こちら(Google)へ。

クリアした後は霧が晴れたので、自分の中では大きな引っ掛かりに見えています。なので大事だと思っているコツや心構えなどを強調して書いた記事が先ほど挙げた記事です。

これも組めるようになる記事ではありませんし、万人に役に立つものでもありません。が、もし「基本をおろそかにしてないか?」と自分を疑ってみた方は読んでみてください。役に立つかもしれません。


いつもながら、何か更新しないといけないとひたすら文字数を稼いで投稿してしまいました。誰でもアクセスできるのがインターネット。それすら忘れるほど誰も来ないんです。まさか何千人も来るなどと夢にも思っておりませんでした。相当数の方のご期待を裏切ってしまいました。

本当に申し訳ございませんでした。

あと、書き直し前のクソ記事がまだブログ内に散らばっていると思います。お気を付け下さい。


なんでアセンブラの話なんか持ち出したんだっけ?
また自分で書くことになりました。何が「俺の説明聞いてくれ」だ、聞くかそんなもん。


話の内容

こんな話でしたが内容は伝わりましたでしょうか。
○俺がプログラムを組めなかった理由


スポンサーリンク



↓ ランキングに参加しています!(Ctrlキーを押しながら) ↓

blogramのブログランキング

ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」 コンテンツ
ポク太郎の「俺の説明聞いてくれ」最キラー記事 IT関連
電気回路やプログラムの記事。元々のメインコンテンツ。
UWSC奮闘記
プログラミングのできる子に
デジタルの世界って
映画・ドラマ・芸能
ハリウッドが主のエンターテイメントの記事。最近は似顔絵多し。
戦士の息抜き
ブログ運営
AnalyticsやSerchConsolなどの使い方、アクセスアップに関する話題。
アドセンス関連
他のGoogleツール
その他
アホのもくろみ
アホの雑記
取りとめもなく好き勝手に書く記事。不本意にも一番人気だったり。
役に立つかも
休むに似たり
好き勝手に書く
落書き漫画
何故人気なのか全く解らない数コマ漫画。結局最大コンテンツに。
物思いに耽る
免責事項 ホームへ戻る

スポンサーリンク





4 件のコメント :

  1. 炎上したみたいですねw
    ちょっと流行ると叩きに来る暇人がいますからねぇ(((^^;)

    返信削除
    返信
    1. >アリスさん
      コメントありがとうございます。

      いあ、これ違うんです。完全に私の落ち度。
      笑わすチャンスは1回限りなので、常連向けのアホ記事は初っ端から気合入れてるんですが、
      この説明記事はいつものように、どの文章使って説明しよっかなぁって悩んでる感じのが投稿してあったんです。

      それがはてなに載ってしまい、ひっどい記事でしたからそのまま炎上。
      怒るのも無理ないと思います。(はてブのコメント見てみてくださいw)
      肯定的なコメントくれてる方もいるんですが、おそらく組める方の意見。

      ブログ始めてからあまりにも人が来ないもんだから、ネット人口って500人位なんだぁと思うようになってたんですが、やっぱりその10万倍以上いますねw

      記事チェックしてかないといけないのでしばらく更新無理かもw

      削除
  2. いまはてなブみてびっくりしましたよww
    膨大なアクセスだったと思いますw お疲れ様ですw

    返信削除
    返信
    1. >アリスさん
      ちょっとアリスさん。何遊んでんすかw
      なんかまたアクセス増えてきたってビクビクしてたら、うさちゃんねるフロンティアの分が+されてるじゃないですか。
      今アクセス恐怖症なんですから止めてくださいよwまだ意味ワカラン言われてるのにw

      削除