2018年4月7日土曜日

ゲームオブスローンズ|面白くないし意味が分からない理由

ポク太郎です。

ここ最近『ゲーム・オブ・スローンズ』一色です。


「ゲームオブスローンズ」の意味

英単語「Thrones」の意味は王座

つまり、タイトル『ゲーム・オブ・スローンズ』の意味は王座争いゲーム。

大昔、文明の初期を想定した大陸の王座を争う歴史ファンタジードラマ。「ドラゴンなど架空の化けモンが登場する戦国時代の物語」という感じ。

覇権争い、権力争いの戦争を「ゲーム」という単語で表現しています。


面白くない、つまらないと言う方多数

以下のような方は入り込めるまで観続けるかと。
・この世界観の映像に惹かれる方
・ポク太郎のように他人に流される方

が、「面白い、面白くない」とご自身の感情をしっかりと捉えることができる方は、面白くないつまらないと判断するかも。

まず、「何言ってるのかサッパリ分からない。

また、検索キーワードで対になるのは「ゲームオブスローンズ 胸糞」。ただグロい残酷なシーンが多いだけで、胸糞悪い腹立だしいと感じるのだと思います。(その通りです。)


意味が分からない理由

パッと思いつくのは、以下三つ。

理由一 大量の登場人物と家系
シーズン1の第三話までに出てくる登場人物40人。←狂ってます。

壮大な物語のため、血族関係、主従関係、歴史的な背景、人間関係が絡み合うのでこうなってしまいます

誰に着目すればよいのかまず分かりません。

憶えられない”ので意味ワカラン。

理由二 同時進行のコマ切れシーン構成
番組の構成は、大きなシナリオが三つほど同時進行で、一話60分内に7~10コ程のパート。

二大陸の各地で同時進行するのでこんな構成なのですが、その人物の前回登場したパートが頭に残っていない。

記憶にない”ので意味ワカラン。

理由三 遠まわしな脅し合い、探り合い
特に首都、王都のシナリオでは、会話で脅し合い、探り合いといった情報戦が繰り広げられます。

明確な言い方をせず、遠まわしな表現で探り合いを行うので、背景を知らないと何言ってるのかサッパリ。

はっきり言わない”ので意味ワカラン。


これらは登場人物の相関を憶え、この世界の歴史的な背景を知らないと意味が分からないこと。

例えば、前提となる予備知識を紹介した↓のですが、数話視聴した方でも何この話?状態だと思います。


前提だけでもこの量。さらには膨大な登場人物。


ヒットした理由は

小説を原作としているためか、ドラマ中で前提となる背景すら説明されません。なので、面白さを感じるまで凄く時間が掛かります。酷いドラマです。

それでも多くの人を観続けさせた魅力があるからここまでヒット。その理由を↓で独断と偏見に基づいて主張しております。



意味ワカランの対策は

意味が分からない理由は上述の三つ。

理由一 憶えられない”ので意味ワカラン
理由二 記憶にない”ので意味ワカラン
理由三 はっきり言わない”ので意味ワカラン

理由一を解決すれば、理由二理由三はほぼ自動的に解決。結局は登場人物多過ぎなのが理由。

必要な予備知識があれば登場人物を憶えやすくなります。なので対策は「少し調べてみる」。

必要な情報は多いですが、救いは、単語が「最初の人々」、「北の王」など文明初期らしい単純な名前。なので、その辺は憶えやすいです。

やたらと難しいこのクソドラマ、調べてまで観なきゃあかんのか?と言われれば、「別に。」

、 気になってるなら、↓等で憶えられるか試してみてはどうでしょう?(自分のブログ宣伝)




面白いと騒いでいるのを「ゲームオタクが騒いでんだろ。」「キモヲタ共の好みは異常。」と見ていらっしゃるかも。

が、覇権争いを表現する言葉として「ゲーム」を使ってるだけで、ゲームは関係なし。

ポク太郎の場合は→「どうせコレクション大好きなポケモン世代が騒いでんだろ。」

人は得られないものを目にすると「あれは不要。得なくてよかった。」と満たされぬ物欲を回避するようできております。心理学用語で酸っぱいぶどう

酸っぱいぶどう状態だったポク太郎もハマってしまいました。

世界中で大ヒットのこのドラマ、わざわざ検索エンジンに「ゲームオブスローンズ つまらない」と入力し、ご自身の感性を心配なされてる方も多数。

気になってるなら、是非。











シェアされると小躍りして喜びます。

0 件のコメント:

コメントを投稿