2018年4月23日月曜日

理系の文章って何故こんな「くどい」んだ!【ブログの書き方一人研究】

自分の執筆能力のなさに辟易としております。

ポク太郎です。

タイトルを“理系”と勝手に一般化しておりますが、自分の文章でございます。いつも吠えていますが、酷いです。


くど過ぎて読む気起きねーんだよ

うちのブログで画像の加工方法を紹介するページの酷い文章↓。
※準備した各コマ画像の「左上隅の色」は“白”。ですので“白”が透明色として選択されます。もし絵の中に“白”があるとそれも透明になってしまうのでコマ画像作成の際には“白”以外の“緑”や“青”などの色を周辺色として作成しないといけません。

正確にという思いから「あれ」「その」等を使用せず、毎回「何とかが何とかのようになってる部分」とか書いたり、同じ単語を繰り返す傾向があります。

また、単に文章を区切ればよいだけなのに、一文に詰め込もうとやたらと長くする癖も。不要なこと書いて五行六行に及んだり。

実は上の文章、これでも切り詰める作業を繰り返した結果。闇雲に修正してるので原本残っておらず。原本の酷さはご想像下さい。

こんなの意味も伝わらないし、まず読まれることもありません。↓で十分のはず。
※準備したコマ画像の「左上隅の色」は。→が透過色に。絵の中にがあるとそれも透明になるので、周辺色を別の色にして作成。


自分なりに見つけた方法

原因は文章能力の欠落。頭が悪いのは仕方がありません。で、自分なりに考えた方法が以下。

頭の中が散らかってる理系の文章の直し方
事始 とりあえず書く
校正 文字を削りまくる 1. 記号↑↓←→を利用
2-1. 改行なしで続けるのは4行が限界
工夫 さらに見やすく 2-2. 接続詞の文字サイズ大きく

1とか2-1とかは↓にある内容です。この校正工夫の作業を入れ、条件に合うまで文字数を減らすことに専念します。

そうやって削りまくることでくどさを取り除きます。


見易く読み易いページを目指して

まだまだ発展途上ですが、自分なりに見つけた方法です。

1. 記号↑↓←→を利用
論文や技術系の文書ではなくブログなので、記号を使っても問題ありません。

目的は「意味を伝えること」。文字が少なければ少ないほど「簡単にわかった!」となります。

記号を利用して一文字でも削っていきます。
ブログの記事は最低500字以上などと言われていますが、それは500字あればキーワードが十分含まれるからであって、無駄に文字数を稼いでも意味がありません。

キーワードはGoogleに対象を知らせるため。でも、必要なのは良記事判断。読みにくくて伝わらなければ、検索上位に上がれずアクセス増えず。

2. 「どこ読んでたっけ?」を回避させる
人間は、まばたきもするし目線を逸らすこともあります。

言葉や配列を頼りに「どこ読んでたっけ?」と頻繁に場所を確認。が、これは無意識下でやってること。

無意識下で行う手間、問題をあらかじめ解決しておくと「読み易い」「解り易い」となります。

2-1. 改行なしで続けるのは4行が限界
人間が瞬間的に認識できる数は?と考え込んだ経験があります。

リンゴが3コあった場合に瞬時に3コ!と分かりますが、その数がいくつなんだろうと試しておりました。

例えば、7コが散乱してたら?
● ●  ●  ● ●●
           ●
数えないと分かりませんね。

でも、これならいかがでしょうか。
   ●●
   ●●  ●●●
瞬時に7コ!と分かるのでは?

つまり、人間には瞬時に捉えられる数が存在するということ。それが人によるけど3コ位。4コは2コx2とか配列で認識。

なので行が多いと、読者は行数を捉えられない状態で読むことに。無意識下で認識できる情報が多い方が読み易いはず。

なので
PC向けで1.5行位
そうすると↓
スマホで3~4行

3行、例外的に4行。これが限界。ユーザー層が活字に慣れてないブログでは、0.5行以内というのもある位。

余談ですが、ジャニーズもこの現象を利用してるフシが。メンバーが多くても、決まった配列を作ることで人数を周知可能。

まず人数を認識させれば、ファンは指を折って誰々、誰々と名前を憶えていきます。さぁ、SMAPのメンバーを挙げて下さい。光GENJIでもいいですよ。
    ● ●
 ●  ●●●     ←が大沢樹生。

3点セット等、数をまず頭に入れるのは一般的な暗記法。だから無意識で瞬時に人数を認識させると名前を憶えて貰えます。


2-2. 接続詞の文字サイズ大きく
これはかなり前から実践してることですが、なのでただし、と接続詞を巨大化させます。

今度は記事内の「どこ読んでたっけ?」が対象。目印とするために巨大化します。

ただし、コレに関してはブログの品位に関わりますのでご注意。


役に立つか分からんがまとめる

同じことで悩む方が居るのかわかりませんが、まとめます。

読み易く、分かり易い文章に仕上げるために
1. 記号↑↓←→を利用 文字数を減らすために記号を利用
2. 「どこ読んでたっけ?」を回避させる 無意識下で行う手間、問題をあらかじめ解決
2-1. 改行なしで続けるのは4行が限界 無意識に認識できる行数まで減らす
2-2. 接続詞の文字サイズ大きく ページ内に目印を作成

とりあえずごちゃごちゃと書いた後、上記の条件を元に削りまくります。そうすることで少しはスッキリした文章になってる…はず。

まだまだ発展途上ですが。


というわけでまたリライト作業に入るので、更新頻度はさらに低下します。物思いに耽ってる場合ではないのです。







シェアされると小躍りして喜びます。

0 件のコメント:

コメントを投稿