2018年8月13日月曜日

Bloggerのページ内ジャンプHTMLタグを直すフリーソフト|アドセンスコードも

ポク太郎です。

ブログを書いていますが、Bloggerのエディタに装備されてるHTML修正機能が邪魔で、ページ内ジャンプの作成に困ります。

いつまで経っても修正されないので、尻拭い用のフリーソフトを作りました。



Bloggerでページ内目次

ブログを書いてると記事内目次を作ったりと、ページ内ジャンプをよく使用します。

ページ内ジャンプのタグ
<a href="#a1">ジャンプ元</a>
<a name="a1">ジャンプ先</a>

が、Bloggerのエディタは、作成モードとHTMLモードを切り替えると勝手にHTMLを変更し、タグをぶっ壊してくれます。

元々のHTML

編集モードを一回切り替えると…、

ぶっ壊れたHTML

HTMLがぶっ壊れてしまいます。かなりムカつきます。

これを、↓だけの操作で正常なHTMLに戻すのが尻拭い君。
Ctrl+A→コピー→ボタン一回押すCtrl+A貼り付け


尻拭い君使い方


0. まず、記事を完成させます。

1. 完成後、HTMLモードに切り替え、Ctrl+Aで全域選択→コピー。

HTMLを全部コピー

2. 尻拭い君の「Jump」ボタンを一回押します。


3. 修正されたHTMLがコピーされたので、再度ブラウザに戻り、Ctrl+Aで全域選択→貼り付け。

修正されたHTMLを貼り付け

HTMLが元通り修正されますので、記事を公開。

もし、またモード切替をやってしまった場合は、再度上記の操作を行う必要があります。


尻拭い君がしてること
・Bloggerのクソエディタはモードを切り替えるとページ内ジャンプのタグに↓ゴミを付加します。
「https://www.blogger.com/blogger.g?blogID=数数数数…」
「https://www.blogger.com/null」
なので、それを見つけて削除。
・コピーされたHTMLを読み込み、内容を修正して再コピーします。

ダウンロードはこちら。
Win7で動作確認。Win10でも多分大丈夫。ポク太郎マークのボタンを押すと説明ページ(このページ)が開きます。
ダウンロード後、念のため必ずウィルス対策ソフトでチェックの上使用してください。また、自己責任で使用してください。


アドセンスコード修正

ついでのおまけ機能です。


Bloggerにアドセンスコードを貼り付けるとエラーになる場合があります。

エラーが起きるのは、管理画面「テーマ」から入るHTML編集。ガジェット上や記事内に直接貼り付ける場合は関係ありません。

アドセンスから得られる広告コードは↓。
<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- 広告名 -->
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
     data-ad-client="**-***-************"
     data-ad-slot="**********"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

がこれをそのまま貼り付けると形式が違うのでエラーになってしまいます。

そこで尻拭い君。↑と同様の使い方です。

1. 広告コード全体をコピー。

2. 尻拭い君の「AdSense」ボタンを一回押します。

3. 修正された広告コードがコピーされたので、目的の場所に貼り付け。

尻拭い君がしてること
Bloggerの管理画面「テーマ」から入るHTML編集での形式に修正します。
・「"(ダブルクォーテーション)」→「'(アポストロフィー)」に置換。
・「async」→「async='async'」に置換。
・コピーされた広告コードを読み込み、内容を修正して再コピーします。


使用後、必ず目的のコードに修正されたか確認して下さい。

また、一回ボタンを押すとコピーした内容が変更されるソフトなので、間違えたかな?と思ったら手順の最初に戻って下さい。

その他、Bloggerのエディタ、アドセンスコードは仕様変更の可能性がたぶんにありますので、出来上がったページはしっかりと確認お願いします。







シェアされると喜びます。

0 件のコメント:

コメントを投稿